FX実験検証ブログ

当ブログの活用方法

当ブログの活用方法

ご訪問ありがとうございます。

当ブログはリアルタイムでのエントリーを日記(自身の記録)としてアップしていくFXリアルトレード・ブログです。

通常のテクニカル分析に加えて、気の流れ(相場観)をみて相場の変動を予測するという独特な方法をとっております。

気の流れには以下の3パターンがあります。

画像の説明
上記3パターンは現時点(十字線のクロス位置=ローソク足の位置と考えてください)に対して、下に気滞が発生し、それに反応する上昇パターンです。

ローソク足の上に気滞が発生した場合の⇒の向きは上記パターンの真逆の形(下降)になると考えてください。

[各パターンの説明]

パターン1は気滞に反応してすぐ反発するパターンで、予測と同方向に動き、すぐ利確できるためもっとも精神的負担の少ないパターンです。

パターン2は多少の押し戻りはありますが、予測どおりの方向性に進むパターンです。

ただ、逆方向にも進むため多少やきもきします。

パターン3は結局下げ止まりをみせるのみで、場合によっては損切になるパターンです。

もっともイライラするパターンであり、判断の難しいパターンとなります。

[エグジットの判断]

さて、最初の段階ではこの3パターンのうちどのパターンになるかは分かりません。

またどの程度反応(上昇)するのかも最初の段階では分かりません。

つまり上昇傾向を持つ、という以外のことは分からないわけです。

実際にどの程度の利が見込めるのかは、テクニカル分析や市場ボラティリティを加えて判断していくしかありません。

[損切の設定]
もし予測を誤った場合の損切は基本的に20pipsとしております。

ただ、テクニカル的な判断を加えることによって、どのパターンになるかの予測はかなりの高確率で可能かと思われます。

さて、当ブログの相場予測は基本的に絶対相場観(感覚)によるものです。

[予測の有効時間]
いまのところ平均して4時間程度は有効かと思われます。

ただし、1時間程度から6~8時間程度と幅がありますので注意が必要です。

さて、どのようにご利用になるかは、ご覧になった方の自由にしていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメント


認証コード0321

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional