FX実験検証ブログ

FX情報商材案内サイトのレビューは信頼できるのか(2)

FX情報商材案内サイトのレビューは信頼できるのか(2)

昨日の日記の続きです。

私も過去にさまざまな商材を購入しましたが、本当に勉強になったと思った教材は以下の4つです。

※読みやすく分かりやすいという点も考慮しています。

1、マエストロFX
2、ビクトリーメソッドアドバンス
3、FXBマニュアル
4、ディーリングFX

当サイトでも1つだけ商材を紹介させていただいております。

佐野講師の「マエストロFX」です。

佐野講師の教材にはVMA(ビクトリーメソッドアドバンス)という教材もありますが、こちらをお勧めします。

VMAはマエストロ以前の教材になり、各種インディケーターを駆使し、チャートのテクニカル分析をして予測を立てていく手法です。

いわゆる王道手法の教材です。

対してマエストロFXの方ですが、佐野講師にもトレード手法の変遷があるのでしょう、インディケーターをはずし、時にはローソク足のみでの解説をされています(教材特典の動画にて解説)。

テクニカル分析をしながらも相場観を大切にしたトレード手法です。

本編教材の他に、実際のトレードを動画で提供されているのですがその数は二百数十本、その中でも佐野講師の工夫の跡がみられて、非常に面白く勉強になります。

もし一つだけ紹介させていただくとしたら、この教材になるのですが、ではどんな方にお勧めかということですが、テクニカル分析をしながらも相場観をやしないたい方、ということになります。

身に着けたいのが「相場観」なので、その修得には佐野講師の200本以上の動画を観ながら、1年はじっくり取り組む必要があると思います。

大変ですが、その価値は十分にあると思います。

マエストロFXの真の価値
ところで、私のトレード記録ノートに頻繁にでてくる反省の一言で最も多いのが「いらいらしすぎ」「力みすぎ」などの言葉です。

佐野講師のトレード動画を観ていて思う事は、佐野講師は非常に穏やかな、ゆったりとしたトレードをされているんです。

FXはメンタルが重要とはよく言われる言葉ですが、佐野講師のトレード動画はそういった視点からみても、とても参考になります。

こういう深いところまで学び取らないと、教材の真の価値は生かせないのかもしれません。

以上のことはマエストロをレビューしている多くの方が言われていることです。

なお、FXBマニュアルはその手法(ブレイクアウト手法)が私の性格に合わず、修得を断念。

ディーリングFX(プライスアクション手法)も同様です。

ただ、両方とも非常に良い教材です。

コメント


認証コード2658

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional