FX実験検証ブログ

FXとは~レバレッジにはこだわらない~

FXとは~レバレッジにはこだわらない~

※レバレッジとはFXの口座に入れた資金に対して例えば、レバレッジ10倍で運用ということになれば、10万円の資金を10倍の100万円で運用できるという、とっても便利なシステムのことです。

レバレッジはFX会社にもよりますが国内では最大25倍から法人口座で200倍。海外の口座では800倍を超えるものまでさまざまです。

さて、ハイレバは怖いと一般的には考えられていますが、その運用に対しての利益額、損失額は実はレバ1倍だろうとレバ100倍だろうとじつは変わりません。

仮に1ドル100円だったとして1万ドルの運用には100万円必要です。レバ無し(1倍)なら100万円を口座にいれなければなりません。

でも、レバ100倍なら1万円で1万ドルの運用が可能なわけです。

そして、その運用利益はどちらも10pipsに対して1000円です。

逆に損失も10pipsに対して1000円なんです。

口座資金がいくらだろうと、その利益、損失はレバが同じなら、同じ金額が増減するだけです。

一緒ですよね。だからあまりレバレッジにはこだわっていないというか、ハイレバが単純に怖いというのは間違いです。

ただし、上記の例でいうと100万円の資金があれば100pipsの損失で1万円を失っても、99万円が残り口座は存続できますが、1万円の資金で100pipsを失えば1万円の損失、つまり口座残高がゼロになり消滅することになります。

ハイレバが怖いというのは、この1点にあります。

さらにゼロカットシステムの無いFX会社や、損切設定をしていないでずるすると損失を拡大していくことになると100pipsごとに1万円の損失が増えていくことになりますから(追証)、それは要注意です!

そのために大切なことは資金管理であってレバレッジではありません。資金管理に対しては、それだけで専門書があるくらいですからね。

余裕資金があるなら800倍のハイレバでもかまわないと思います。

逆に資金に余裕が無く、100pipsの損失で全資金を失うとしたらそれは止めておくべきでしょう。

コメント


認証コード6173

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional