FX実験検証ブログ

リアルトレード記録31

リアルトレード記録31

画像の説明

この時点での気の流れは上昇でした(これは事後報告です)。

その結果ですが、以下のとおり若干の戻りを見せています。

画像の説明

約3時間経過しているので、今一度気の流れを観察してみると上方に気滞があり、このまま上昇とはならない可能性があります。

さらに4時間後、経過報告させていただきます。

どうなりますでしょうか。

さらに途中経過です。
画像の説明

日足をみると相変わらずスクイーズに向かっており方向性の無い状態。

4時間足はレンジ状態で+2σから-2σへ向けて下降中(赤いラインが4時間足の-2σあたり)。

30分足ではMAラインを越えられず、全体としては下降中。

最初の気の観測で上昇をみたのは一時的な反発でそこから約3時間ほどで再び4時間足-2σを目指して下降しています。

この一時的な押し戻りを計るのもにFX-M方式は役には立っています。

気滞はまだ上方にあり、気の流れは下降を続けています。

さらに観察を継続します。

結果報告です。

赤いライン(4時間足の-2σあたり)を超えましたので一度利確です。

画像の説明

なお、緑のラインはMA21、青ラインはボリバンの±2σ、緑の十字線は気の流れの観測地点です。

1回目の観測は気の流れは上昇、2回目、3回目は下降という判断でした。

一応、予測どおりに動いていることを確認して本日の検証作業を終わります。

コメント


認証コード2477

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional