FX実験検証ブログ

ルール(2015/4/11)改変

ルール(2015/4/11)改変

基本は30分足を使用します。

日足、4時間足で方向性を確認します。

30分足のローソク足12~24本分をみて、ダウ理論を考慮し、上昇傾向、下降傾向を判断します。

上昇・下降の判断ができない場合は経過観察です。
※ここで言う傾向とは、長期のトレンドのことではありません。短時間での傾向のことですから、殆どの場合、上昇下降がはっきりでています。

KI値のパターンによって継続、反転の判断をします。

判断の有効時間は数時間~12時間までです。よって基本的にデイトレードとなります。

押し戻りを考慮し(重要)、場合によっては5分足をみながらエントリー、エグジットを行います。重要経済指標発表時は注意します。

さて、

上昇か下降かの判断のみ公表させていただきます。

観察通貨ペアはドル円、ユーロドル、ポンドドル、カナダドル、豪ドルの基本5種類です。

そのうちの1,2種類を公表させていただきます。

判断の公表時間は午後1時です。場合によっては午前9時、5時にも公表しますが、基本的に午後1時です。

ではよろしくお願いいたします。

コメント


認証コード1468

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional